酒場放浪記

いい酒場は、街を、人を、人生を良いものにみせてくれる。

新橋「かっぱ」

土日はなぜかつかまらない人。

いつも声が小さくて何を言っているのか分からない。

「適当に頼んでおいて」という、私の大嫌いな言葉をのたまう。

でも、ちょうどよく、優しく、艶っぽい。

「次はいつ会える?」と。

癒されるとか、色っぽいね、とかそんな言葉より、言われたいのはそんな言葉。

 

「かっぱ」には金曜日の20時に。

今日まで出張だったというのは本当かしら?

黒龍が美味しい。夏にいただく冷酒のおいしさ。

黒龍がおいしいお酒だから、ってだけじゃない。

愛がある店で。味が出るに決まってら。

 

居酒屋の中でも、女将さんのいるお店は特に好き。

達筆のメニューがある居酒屋さんは大抵おいしい。

 

帰り際「お姉さん、いける口だね」とマスター。

ふふふふん♪

f:id:voir-en-rose:20170429113411j:plain